ハウス型オーナメント

お客様の作品です。

クロスステッチを施した周囲にバックステッチも施し、かがって組み立てる
ビスコーニュピンクッションと同様の作り方をします。

どうしても最後のかがり部分が上手く行かないと仰るN様のをお預かりし、最後の所をお手伝いすることにしました。

代わりに針を進めると原因が見つかりました。
クロスステッチの目数が間違っているところ、バッグステッチの目が飛んでいたり、屋根の斜め部分の傾斜がズレていたりと幾つか見受けられました。
これは大変。
バックステッチとかがり部分はあまり目立たないように白い刺繍糸を使用していますので、見づらかったのでしょう。

少し歪で細身にはなりましたが、帳尻を合わせながらお家型になりました。
f0231146_10210089.jpg
作ったことがある方はご存知と思いますが、こういうタイプは慎重に正確な目数で刺すことが大事です。
N様、また挑戦してみてくださいね。
ありがとうございました。



[PR]
by bloom321 | 2017-01-18 10:24 | お教室