スタンドフープ

椅子に腰をかけ、椅子と太ももの間に挟んで高さを調整し、両手刺しが出来る優れもの!

なのですが、宝の持ち腐れとなっていたスタンドフープ。


理由は

左手が思うように使えない。 

フープが大きいので普段刺しているようなサイズは、気軽に使えない。(下準備が必要)

糸処理の際に、ネジを緩めフープを回転を返して、また戻して、ネジ締めて・・・

要するに面倒臭がりな私には不向きという結果(笑)


だけど、今刺しているのがバッグ用の大きくカットした生地でLugana(綿レーヨン・厚地)

のため刺繍枠を持つ左手に負担がかかります。

なのでスタンドフープ復活! 

集中すると両手を使う分少し早く刺せているような気がする。

気のせいかもしれないけど・・・
f0231146_12141361.jpg

[PR]
by bloom321 | 2014-06-02 12:16 | おしなもの