ルドゥーテ

主に自分で描いた図案を提供しているので、メーカーのキットはほとんど取り扱っていないのですが、素敵だなと思うものがあったので取り寄せてみました。

バラの宮廷画家 ルドゥーテのクロスステッチキットです。

八重のバラが好きなので、この二つを選んでみました。
専用のフレームも素敵ですよ。
f0231146_12471567.jpg


以下ルシアンのホームページより引用

pierre-joseph redoute

ナポレオン一世の皇帝妃ジョゼフフィーヌなどの庇護のもと、宮廷画家として「花のラファエロ」「バラの画家」と称された植物画家の巨匠。
植物学的な正確さを踏まえながらも芸術性を備えた花の姿を描き、その可憐な作品は今もなお世界中の人々に愛されています。

* ロサ・へミスフェリカ (左の黄色いバラ)

古くから愛されているバラで、その故郷はおそらく中近東だと言われています。
既に16世紀の時代には栽培されており、当時の庭を美しく飾っていたそう。
図譜に描かれている唯一の八重の黄色で、愛らしい丸葉が特徴。


* ロサ・ポンポニア (右の可憐なスプレーバラ)

八重咲きの小ぶりの花でロサ・ケンティフォリアかプロヴァンス・ローズの栽培変種と見られている。
甘い香りがあり、鮮やかな小さな緑の葉をつけるのが特徴。
硬く結ばれたつぼみや今にも咲き始めそうなつぼみで、ルドゥーテの描いたこの1本のバラで多くの花の過程を見ることができる。


どちらも16ctの生地ですので、頑張れば初心者の方も大丈夫!

玄関やお部屋に飾ったら素敵でしょうね。
[PR]
by bloom321 | 2014-02-02 12:54 | おしなもの